053-424-7665

ブログBlog

Blog

053-424-7665

営業時間

(月・火・水・金)
9:00~12:00/15:00~20:00
(木)完全予約制
(土)9:00~13:00

定休日

土曜午後・日曜・祝日

Home > ブログ > よくある疾患シリーズ 第一弾 五十肩

ブログ

よくある疾患シリーズ 第一弾 五十肩

四十肩、五十肩を根本改善

こんにちは。院長の小栗です。

整骨院で多くの患者様が患っている疾患を分かりやすく解説するシリーズを書きたいと思います。

第一弾として『五十肩』を解説します。

目次

五十肩とは

四十肩、五十肩について

五十肩(四十肩)は医学的に正式な病名ではではなく通称です。
50歳(40歳)前後の方がなりやすい疾患とういことで一般の間で広まった病名です。
正式名称は五十肩(四十肩)も『肩関節周囲炎』という病名になります。
肩の関節周囲に炎症が起こることにより生じる疾患ということになります。
その肩関節周囲炎の中もさらに細かく分類されます。
では、それぞれについて細かくみていきます。

肩関節周囲炎の分類

肩関節周囲炎の分類

肩関節周囲炎という病名は先ほどお伝えした通り、肩周囲の炎症というざっくりとした病名です。それを検査で細かく分類したのが上の図のようになります。
こう見ると肩関節周囲炎と言っても様々な疾患がありますね。
ただ、この広義の病名全てが50歳前後で発症するわけではありませんので注意が必要です。
次はこの広義の疾患の中で特に注意しなければいけない疾患を解説していきます。

石灰沈着性腱炎

石灰沈着性腱炎のレントゲン画像

石灰沈着性腱炎とは、肩甲骨と上腕骨(うでの骨)を結ぶ棘上筋という筋肉の中に石灰(カルシウム)が溜まってしまい、それが肩の運動によって動くことで炎症を生じ、痛みを生じる疾患です。
カルシウムが溜まる原因は炎症の結果であり、栄養としてのカルシウムの取りすぎとは全く関係ありません。
石灰沈着性腱炎は発症すると激烈な痛みを伴うことが多く、その場合肩を動かすことが出来なくなってしまいます。
治療としては一般的には炎症止めの注射になります。
当院ではショックマスター(衝撃波治療器)による石灰の破壊による治療を行います。
ショックマスターの石灰消失(軽減)割合は文献値で8割ですのでおすすめしたい治療です。

拘縮肩(凍結肩)

肩の関節包の炎症を表した画

拘縮肩とは肩の初期の炎症後に起こる肩関節の可動域が制限されている状態の肩のことです。
炎症により肩の関節包自体も炎症し肥厚し伸縮性を失ってしまい動きを悪くしてしまっている状態です。
この状態になってしまうと治療はかなり厄介です。
炎症を抑えるために肩を動かさず安静にしていれば炎症はなくなっても癒着が強くなり余計に動かなくなってしまいます。
逆に動かしすぎれば炎症が起き肥厚も強くなってしまいます。
炎症を最低限に抑え、肩の動きを出していくことが必要です。
病院では「サイレントマニュピレーション」という神経注射で痛みをブロックした上で動かすという治療もあります。

当院の五十肩の治療について

四十肩、五十肩の考え方と対処法

肩関節周囲炎には急性期、慢性期(拘縮期)、回復期という過程をたどることが多いです。

急性期(発症~約6週)は安静治療となります。
積極的運動療法を避け、特殊電流療法や圧力波治療器による炎症、疼痛抑制に努めます。
運動療法は痛みのない範囲での自動運動程度に抑えます。

慢性期(約6週~半年)は運動療法中心の治療となります。
電流やマッサージにて関節周囲の筋肉をほぐした後、積極的、他動的に運動療法を行います。

回復期(半年~1年)は筋力強化とストレッチを加えた治療となります。
顕著に改善が見られ始めるこの時期にマッサージ、運動療法に加え、ストレッチや筋力強化を目的とした治療を始めます。
患者様自身のQOLを考慮し、どうなりたいかを意識し、目標設定をした治療を行っていきます。

五十肩の治療は数回で完治するものではありません。数か月から1,2年かかることも多い疾患であることを理解し、治療を進めていくことが重要です。

まとめ

五十肩の原因

五十肩の原因については肩関節の変性(老化)、過負荷(使いすぎ)、血行障害など様々ありますが、はっきりこれだというのはありません。
力仕事の男性もなりますし、事務仕事の女性もなります。
重要なのは誰でもなりうるということを自覚し、早めに対処することが重症化を防ぐ唯一の方法です。

今回は五十肩についてみてきましたがいかがだったでしょうか?
五十肩は必ず完治する疾患です。
その罹患中をどう過ごすかが大切です。
継続的に治療して、QOL(生活の質)を落とさないようにしましょう。

シェアするShare

ブログ一覧