053-424-7665

ブログBlog

Blog

053-424-7665

営業時間

(月・火・水・金)
9:00~12:00/15:00~20:00
(木)完全予約制
(土)9:00~13:00

定休日

土曜午後・日曜・祝日

Home > ブログ > 治療シリーズ序章 知っているようで知らない「治療院」の選別と実態

ブログ

治療シリーズ序章 知っているようで知らない「治療院」の選別と実態

治療院選びに迷う人の画像

こんにちは。院長の小栗です。

皆さんケガをしたらどうしますか?基本的には病院ですよね。

今シリーズはケガや関節痛などが出た際に通う治療院について整骨院だけでなく、整形外科から整体、マッサージ店まであらゆる勤務経験を持つ私小栗がひいき目なしで解説します。

 

目次

現在日本にある治療院とその類似施設について

接骨院整形外科整体の区別

現在日本には病院を中心に治療施設は多種無数に存在します。
今回はその中でもケガをした時や運動器の痛み、しびれなどの不調を感じた際に選択を迷いそうな施設を解説します。

日本にある治療施設は、病院、接骨院(整骨院)、鍼灸院、整体院(マッサージ店、カイロ含)に大別されます。
その中で、健康保険が使える施設と使えない施設があります。
使える施設は病院、クリニック、接骨院(整骨院)、鍼灸院(接骨院、鍼灸院は条件付き)
整体院は健康保険適応外です。

各治療院の違い、詳細

整形外科と整骨院と整体の違い

先ほどは各施設の大まかな違いを説明しましたが、ここでは整形外科と接骨院(整骨院)、整体についてその詳細と具体例について解説します。

最初に各治療院を簡単に解説します。
整形外科は医師、接骨院と整骨院は名前は違いますが全く同じで柔道整復師、整体は特に資格がなくても開院できます。

整形外科は診断、治療、(手術)、投薬とほとんど何でも出来ます。鍼灸もやろうと思えばできます。(医師免許だけで鍼灸をやってる先生は知りませんが・・・)
接骨院は骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(肉離れ等)に対して保険適応で施術が可能です。他の疾患は自由診療での施術となります。
整体院は保険治療は出来ませんので全て自由診療となります。

ではどんな疾患や状態のときにどこに行くべきかを解説します。
まず、出血を伴ったケガは必ず整形外科(もしくは外科)に行ってください。
接骨院や整体に通いたい場合は出血が完全に止まってからにしてください。(法律上処置が出来ない)

次に主に診断をしてほしい場合や投薬を希望の場合も整形外科に行くべきです。
接骨院はエコー以外の画像検査が出来ませんし、シップを含めた投薬も出来ません。

ある程度自己判断が可能な疾患の場合や筋肉中心の痛みの場合は接骨院や整体院をお勧めします。ただし、初めての場合は有国家資格者である接骨院の方が無難でしょう。

疲労回復や筋肉痛、歪みに対処したい場合は接骨院や整体院をお勧めします。
整形外科は物理療法や手技療法に力を入れてないところが多いからです。
また、医師は身体の不調が骨盤の歪みからくるという概念で診断はしないからということもあります。

また、基本的に1つの疾患で整形外科と接骨院の両方で保険を使った治療は出来ません。
ただし、交通事故などの場合は整形外科と接骨院の並行通院も可能です。整体院では自賠責保険で交通事故診療を受けることはできません。

整体院、マッサージ店などに初めて行く場合は症状が軽い場合に行ってみるようにしましょう。そこで合うかどうか決めるのが良いと思います。
整体院、マッサージ店は整形外科や接骨院と違い100%人が全てです。

次は各施設について詳細に解説します。

病院に行きたい場合

病院と診療所の違い

まず、病院とは「医師又は歯科医師が、公衆又は特定多数人のため医業又は歯科医業を行う場所であって、20人以上の患者を入院させるための施設を有するものをいう」となっています。
簡単に言うと20人以上入院出来る施設ということです。またその中でも大病院と呼ばれる施設は「特定機能病院や許可病床が400床以上ある地域医療支援病院」ということになっています。

なぜこんな話をするかというと、大病院には医師の紹介状なしで行くと特別料金がかかるからです。(初診5,000円、再診2,500円など)
なのでどこに行ったら良いか分からないからとりあえず大病院へ行こうというのは得策ではないでしょう。
疾患も専門も治療も細分化されている現代は患者側も治療施設を選別する程度の知識は必要だと言うことです。
結論はどの病院に行くか迷った場合は街のクリニックに行きましょう。
救急車以外で直接大病院に行くということは基本的にはないということですね。

接骨院に行くべき疾患や病態は?

整骨院と整体院の違い

接骨院や整体院はほとんど同じ疾患や病態を扱います。
ぎっくり腰や五十肩から筋肉痛やゆがみの改善まで行います。

接骨院限定で考えると捻挫や打撲、肉離れは整体院よりも接骨院の方が治療機器や保険適応という意味でも適していると思います。

ケアトレ鍼灸整骨院は整骨院で扱えるほとんどの治療器とエコー検査機器を備えているため、骨折の有無の診断から骨や靭帯の手技では扱いにくい疾患の治療も可能です。

各院のHPなどを参考にして各院の特色や治療内容や得意とする疾患などをみながら決めるのも良いかもしれません。

まとめ

これまで整形外科、接骨院、整体院を中心に各院の詳細や違いについてみてきましたがいかかでしたか?
余計に分からなくなってしまったと思う方もおられるかもしれません。
しかし、この治療院が乱立している中では患者側もある程度見極めることが必要となります。

ここで私が考える治療院を選ぶポイントを紹介します。

診断や検査などで月一回程度行く整形外科はある程度遠くても良いと思いますので距離よりは専門性や評判を中心に選択する方が良いと思います。

治療を中心に週一回程度通わないといけない場合は通いやすい立地や診療時間を中心に選ぶ方が続けて通えると思います。

最後に一番やらない方が良いのは治療院をころころ変えることです。
治療者側は経過を診ながら最善の治療を選択していきます。すぐに結果が出ないからといって治療院を変えると新しい院でまた最初から治療になり、結果的に時間がかかってしまう結果になることが多いです。
同じ症状で通う場合はなるべく1つの治療院で診てもらうのが良いでしょう。

混んでる治療院が必ずしも良いとも限りません。すぐ良くなるところならそんなに通いませんよね。

全ての人や疾患をすぐに治せる魔法のような治療や薬はありません。
口コミなどはたまたますごく合った場合やその逆のときに書かれることが多いものです。
我々治療者側はそのたまたま良かったをなるべく多くするために日々努力していかなければなりません。
患者側もその気持ちに応えるように治る努力をしなければいけないとも思います。

私が駆け出しの治療家だった頃、一流アスリートを何人も診た先生は「私が一流ではないんです。一流アスリートは患者になっても一流なんです。」と言っていたことが鮮明に残っています。
治療家の熱意が患者様に伝わると思います。その先生はその気持ちが一流なんだと思います。

ケアトレ鍼灸整骨院はそんな一流の院になれるよう努力してまいります。

シェアするShare

ブログ一覧